京都 祗園 おかる一力屋トップページ
メイン画像

飾り おかる一力屋とは

芸者

「おかる 一力屋」
京の都、祇園の一角。 歌舞伎「仮名手本忠臣蔵」に登場する「遊女・おかる」の住まいがありました。 大正12年、その建物は「おかる」の名を冠した甘味処に。 後にそば、うどんも手がけ「そば処 おかる」として界隈の舞妓さん、芸妓さんにも親しまれるお店となりました。 京の風情が残る中、はんなりとした伝承の出汁の風味を今に伝える老舗で10年間修業を積み、伝統の味を守り続けてきた店長が独立。「そば処 おかる」の正統な味を引き継ぎ、関東に出店いたしました。

飾りゆかりの場所 老舗茶屋「一力亭」

ゆかり

祇園の中でも最も格式の高い、由緒のある「お茶屋」
歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」にも登場する歴史的なお茶屋で、元々の屋号は「万亭」でしたが、この芝居が大当たりし、世に知れ渡るようになると、実在の屋号までが芝居の中で使われた「一力」と言う名で呼ばれるようになりました。
大正初期の法律改正により四条通でのお茶屋営業が禁止され、四条通に面していた入口を花見小路側に移設しましたが、今もお座敷の名に当時の名残が残っています。